勃起不全の原因は様々

勃起不全の症状は、年齢に関係なくやってきます。その原因はまさに様々で、原因を追求することによって、改善されやすくなります。その他にも身体的な問題や、疾患、加齢など要因は大きく分かれてくるのです。0代でも若年性EDと呼ばれる勃起不全の症状が出てしまう人がいます。

性的に興奮することによって、陰茎内の血管を広げる物質が放出され、陰茎内の海綿体に血液が流れ込み勃起が起こります。その後、PDE-5という物質が放出されることにより、勃起が萎えるのです。勃起不全の症状はなんらかしかの要素が原因で、このPDE-5という物質が放出されてしまい、勃起を阻害してしまう事で起こる症状なのです。

心のケアが必要な”心因性ED”

ストレス・プレッシャー・トラウマなどから、勃起不全を引き起こしてしまう症状です。

その要因は驚くほどたくさんあります。

 

現実心因:日常生活の中でのストレスや心理的要因が原因

緊張過剰、あせり、過労、睡眠不足、心配事、家庭内不和、経済的困窮、パートナーとの感情的トラブル、妊娠への不安など他。

深層心因:心の奥底にある要因

愛憎葛藤、欲求不満、心的外傷体験、母子分離不全、去勢恐怖など他。

 

深層心因が原因である場合、専門のカウンセリングへ最初は訪れるようにしましょう。治療薬の服用が不必要かもしれません。

病気や怪我などからくる”器質性ED”

身体的なことが要因で、勃起不全の症状を起こしてしまう状態をさします。

動脈硬化、糖尿病、高血圧、高脂血症、中性脂肪などの生活習慣病や、前立腺がん、前立腺肥大症、直腸がんなどが原因で血管が損傷した場合、神経障害など。

器質性の場合、医師の指導の元で勃起薬が処方されることがほとんどですが、勃起薬との併用ができない治療薬をすでに服用されている場合がほとんどですので、必ず受診し、相談しましょう。

深層心因が原因である場合、専門のカウンセリングへ最初は訪れるようにしましょう。治療薬の服用が不必要かもしれません。

飲まなくてはいけない治療薬からくる”薬剤性ED”

健康維持のために服用している治療薬がきっかけで、勃起不全が起きてしまう症状です。

抗うつ剤、睡眠薬、降圧剤、胃潰瘍の治療薬、男性ホルモン抑制剤、抗アンドロゲン剤、など。

これらの治療薬は、身体に影響が高い治療薬です。勃起薬の服用前に、医師へ相談されることをおすすめいたします。

年齢だけは止められない!”加齢性ED”

止めれるものであれば、食い止めたい加齢。しかし、誰でも年齢を重ねていくのです。

しかし、朗報です。加齢性EDは勃起薬が一番効きやすい症状なのです。

そして、勃起薬を利用しながら性行為を行うことで、自然にイキイキと若々しくなっていくものなのです。