勃起薬が、勃起不全に効果がある理由

勃起薬が陰茎内の血管を広げ、勃起を促すのかは、勃起不全でお悩みの人はどこかのインターネットサイトで読まれているかと思われます。しかし、本当に100%理解している人は何人いるのでしょうか? 想像力を利用した、わかりやすい説明が必要であるかと思われます。

ウキペディアによると・・・

生体内で環状グアノシン一リン酸(cGMP)の分解を行っている5型ホスホジエステラーゼ (PDE-5) の酵素活性を阻害する。これが陰茎周辺部のNO作動性神経に作用して血管を拡張させ、血流量が増えることによって機能すると考えられている。

勃起不全の症状がある場合、この薬を性行為の30分くらい前に服用すると陰茎が勃起し、性行為が正常に行える。」*引用ウキペディア

と記載されている。

 

これをわかりやすく説明すると・・・

射精後、ペニスを萎えさせるときに出てくるのが、(PDE-5)。何かの原因で、この(PDE-5)が萎えていないときにもペニス内にウヨウヨ存在することによって、勃起不全の症状となるのです。これを、勃起薬を使用してこの(PDE-5)をブロックし、ペニス内の血管に血液をできるだけ溜め込み、ペニス内に止まらせます。コレが勃起となるのです。

 

ポイントは・・・

ペニス内に血液をいかに送り込み溜め込むことで、爆発寸前の状態を「勃起」だとイメージしていただけると、わかりやすいかと思われます。この「爆発寸前」という言葉は、ここでは比喩で利用させていただいてますので、決して誤解のないようにお願いいたします。